イケてるとかイケてないとか関係なくなるのよ、30過ぎれば。

この地に暮らし始めてかれこれ10年。長らく子育てに専念すべく専業主婦してたので、毎日のように近所の公園とスーパー、幼稚園、小学校なんかが行動範囲の中心となっていたわけですが、数年前から行く先々で、よく見かけるママさんがいたのです。3人の子供を連れていて、まさに子育て真っ最中ですっていうすっぴんママさん。

それがね、なんか見たことある顔だなぁ、高校のときにすごく似ている顔の女の子がいたな、と思っていたのですよ。目鼻立ちがくっきりしていてとてもかわいくて、イケてるグループにいて、部活も運動部で、なんか青春謳歌している子だったという記憶。わたしとは同じクラスになったことがなかったから、接点はないんだけど・・・似ている顔の人ってけっこういるしな。

最初はそう思っていたのですが、スーパーで見かけるたびに、遠くから声を聞くたびに似ているなぁと気になって、でも声かけてみて人違いだったら恥ずかしい。声かけるのはやめておこう、そんな風に心の中でもじもじしていたわたし。

 

その後、その方のお子さんがうちの子と同じ小学校に入学していたらしく、PTAの集まりでたまたま同じ教室に居合わせる機会があり、初めて話をすることに。

彼女のほうは何も気づいていないのか、普通に話しかけてきてくれたので、思い切って「人違いだったら申し訳ないんですけど、もしかして、高校は埼玉の〇〇高校出身じゃないですか?」と聞いてみた。

すると、「そう!あ!やっぱり!?」と次の瞬間、ふたりで、「同級生ですよね、、あたしたち!!」と合点がいったわけです。

 

数年間気になっていたことがすっきりした!!

 

テンションが上がったわたしたち。

で、わたしは、「〇〇さんは、イケてるグループにいたからたぶん私のこと覚えていないと思うんですけど、Tちゃんとかと仲良かったって記憶に残っていて。Tちゃんって、安達祐実みたいにとっても清純派でかわいらしかったんだけど、高校1年の夏休みが明けて2学期に入って学校来たら、急にガングロギャルに変身していてあれは衝撃だったのを今でも覚えてる」と言うと、

「そうそう!Tちゃんはさ、すっごくすっごくかわいくて、学年一可愛いって私も入学した時に思っていたの。で、2学期入って急にギャルになってて、どした!!??ってびっくりしたよぉ。ギャルでもかわいかったよ、もちろん。そのあと、学校終わるとギャル仲間と遊びに行く用事で忙しくなっちゃって、疎遠になっちゃったんだよねぇ」

なんていう超懐かしい話をしていて、彼女があの頃のイケてるグループの時の高校生のままの明るい性格がそのまま残っていることに、ほぉっと感心してしまったんだけど。

 

でも、思ったわけですよ、あの頃イケてる青春謳歌グループの女の子たちがまぶしく見えて、わたしなんか、彼氏もできず(片想いばっかり・・・)体育祭、文化祭、修学旅行そんなイベントではじけることもできず、馴染めなかったこともあって、自分ってなんて地味で真面目でイケてない、そう思っていたけど、

 

そして、今回主婦ママとして再会した同級生を見て、目鼻立ちこそ変わらないけれど、

子育てしてる主婦になっちゃえばさ、同じフィールドなわけですよ。イケてるとかイケてないとか関係なくなる。な~んだ、あの頃イケてる女子高生になりたい、イケてるグループに混ざりたい、うらやましい、そんなこと思っていた自分がばかみたいに思えてきた。

 

今、高校や大学でそんなことに翻弄されている若い子たちよ、心配しなさんな。

イケてるとかイケてないがすべてだと思っているのはちっちゃな世界にいるから。

たいしたことないって胸を張って生きていきなさいね♪

 

 

 

 

自然のなかで見つけた生命力の象徴

愛犬の散歩で大きな自然公園まで歩いたら、ふと、こんな切り株を見つけた。

 

f:id:AshidaKatharine:20210219210552j:plain

 大きな大きな切り株。何かあって切られたのだと思うけれど、こんなむかーし昔から生きていた大木の歴史。どんなだっただろうって、想像する。

そして、切られちゃったけれど、また確実に生きている。

切り株の端から枝がぐーんと伸びている。

f:id:AshidaKatharine:20210219210630j:plain

 

なんていう生命力なんだろう。

 

そして、最近は、2月なのに春のような陽気の日が多い。”温暖化”というのが頭に浮かび、手放しでは喜べないけれど、空がとても広くて、青くてきれい。

 

f:id:AshidaKatharine:20210219211154j:plain

 

マスクで呼吸が浅くなっている毎日、ふとこの空を見上げて深呼吸。

 

そういえば、東日本大震災の時も、この公園に来た時だけは、ほっとできるそんな場所だった。

 

”生命力”を感じられた貴重な一日に感謝。

 

 

 

 

麗しきClassical Music

大学生の頃から20代まではジャズがかっこいいと思って、背伸びしてハービー・ハンコックビル・エヴァンスなどを聴いたり、ピアノでも「星に願いを」のジャズアレンジを弾いてみたり、そんなこともしてたけれど、30代に入ってからはもっぱらクラシック派に移行した。

 

と言っても、中学生のころからベートーベンは大好きで、受験勉強で自分の士気を高めるときには、交響曲第5番『運命』をかけて勉強するというのが私のスタイルだった。『運命』は、誰もが知っている第1楽章もいいけれど、第2,3楽章の旋律はもう鳥肌もの。

 

で、30代からは、ピアノと室内楽、特に弦楽器でもバイオリンとチェロの音色が自分にとても心地よく感じるようになってきた。ヴィヴァルディの四季、チャイコフスキーの四季、それぞれ四季のものはとても好き。弦楽器曲では、ヴィヴァルディの四季の『冬」の楽章が一番好きだと思う。

 

不思議だと思ったのが、20代のころまではバッハのバロック音楽がとてもつまらなく思えていたのに、今では、バッハのインヴェンションを聴いていると集中力が高まるし、かつリラックス効果も得られる。

ついでに、バッハのインヴェンション第13番を独学で練習しているが、これはなかなか難しい。左手が伴奏という感じじゃないからなのだと思うけれど、これを弾きこなすには、曲全体のメロディを指の感覚で覚える必要があってとても時間がかかる。でもその地道さから弾けるようになったときの喜びはひとしおだと思って根気よく練習している。そろそろ弾けるようになりたい・・・苦笑

 

今日は、五嶋龍のアルバムを聴いていたが、「ラ・カンパネラ」のピアノとヴァイオリンでのアレンジとても良き。そして、やっぱりパガニーニカプリース第24番お決まりよね。

 

I love Classical Music.

コロナのご時世、少しでもリラックスし、新呼吸しましょう。

音楽とともにー

 

 

 

 

 

 

柚木麻子という素晴らしい小説家~ブログで愛犬の写真を公開している、不満とグチでぱんぱんに膨れた平凡な主婦編~

柚木麻子の小説が好きで、とても尊敬している。わたしも最近はめっきりだが、20代から30代前半にはこそこそと小説みたいなものを書いてみたりしたけど、柚木麻子の小説を読んだ後は、もうなんていうか、”もう私が書く必要はないな。だって、日本にはこんなに私の気持ちをすくい取ってくれるような素晴らしい小説家がすでに実在しているのだから”と筆を投げ出してしまいたくなったことが何度もあった。

言葉の一つ一つが、ぶっ飛んでいるのに的を得ていて、ずっと心に残るし、しかもストーリーはものすごく面白くて、村上春樹のようなキザで長ったらしくこじゃれた演奏をしない、そんな文体がとてもとても好き。村上春樹は文体がもうやっぱりジャズよね。

 

柚木麻子の小説を読んでいると、頭をガツーンと殴られたような衝撃的な文章が時折出てきて、その着眼点と言ったら、恐ろしいほど。

同じ歳ほどの女性作家ということで、わたしは日本にこんな素晴らしい作家さんがいることをとても誇りに思っている。

 

なぜ、柚木麻子について書こうかと思ったかというと、最近、水川あさみ主演で、BSのどこかの放送局で柚木麻子原作「ナイルパーチの女子会」のドラマがやっていて、それを観たからなのだが・・・これまた、ブログを書いている主婦との交流を描く、という内容で、「主婦のブログって、なんていうか幸せアピールしたいとかそういうのが見え見えで・・・」みたいなこととかがセリフで出てくるわけですよ。

きゃ~、わたしのブログも、そう見えるのかも??主婦じゃないけど。やだやだ~とドラマを見ながら、どぎまぎして「わたしのブログ、イタイのかも??」と気にしだしたりするとキリがない。

 

そして、柚木麻子のデビュー作『終点のあの子』の中の『フォーゲットミー、ノットブルー』ある一説。女子高生の友情を描いた物語の中のシーンです。

 

P34。

”恭子は今のところ女王様だ。でも、あと十年もしたら、不満とグチで、ぱんぱんに膨れた平凡な主婦になって、ブログで愛犬の写真でも公開しているだろう

 

私の人生訓でもあります。こんな風に自分はなるまい、でもこういう主婦は多いんだろうな、油断してると自分も気づいたらこうなっているかもしれない、そんな危機感を時折思い出して、自分に言い聞かせるのだ。

 

と言いながら、せっかくなので、愛犬の写真をブログに乗っけてみる。

 

f:id:AshidaKatharine:20210212094233j:plain

 

柚木さんの本、もっと読みたい、読みたくなってきた!

 

愛されるのは嬉しいけど・・・

 

 

うちの夫、トニーのこと。

私たち、今年の3月で結婚13年目になる。

トニーは、ずっと変わらず私のことを愛してくれている。

 

この前、ダブルベッドでぬくぬくと寝ていたら、トニーが

「キャサリンのこと愛してる。僕の大切な妻。

僕にとって一番の宝はキャサリン、二番目が子供たちだよ。」と愛の言葉をささやいてくれた。

 

そうなんだ・・・

愛されるのは嬉しいけれど、わたしは、うちのふたりの子供が一番で、2番目が夫なんだけどな・・・

 

ま、いいっか。

思わぬ気遣い

一昨日、犬の散歩の帰りに家の前で、足首をひねって捻挫してしまった。幸い、病院に行くほどでもなく安静にしてだいぶ良くなってきたが、トホホな3日を過ごしていた。

捻挫をした日は、午後、娘(小学2年生)が幼馴染のAちゃんと公園で遊ぶことになっていて、娘は一人で自転車の乗って公園まで行けるが、Aちゃんはもしかしたらママが一緒に来るのかもしれない、と思っていた。Aちゃんのママとは娘が幼稚園に入園した時からの付き合いで飲み友達でもあるけど、子育ての考え方とか、主婦としての生き方が違いすぎて、「あなたは何を言っているんですか?」と言ってやりたくなるような、モヤモヤした気持ちが収まらなくなるということがしばしば起こるから、できればもうそろそろ2年生の3学期にもなっているし子供だけで遊んでほしいな、と内心思っていた。

例えば、小学2年生なんだから、もう子供だけで待ち合わせして遊びに行ってもいい、と私は思っているけれど、彼女は最近不審者も多いから、一人でフラフラは遊びに行かせられないから、ついて行ってあげないと、と言う。

でも、子供からしたら、もう小学2年生にもなって、公園でお母さんに監視されながら遊ぶなんて、嫌だろうな、自由に遊びたいんじゃないか、と思う。

うーん、モヤモヤ。Aちゃんのママが公園に付き添いで来たとしたら、その間、娘たちふたりの面倒を見てもらうみたいな絵になり、なんか私も家でマイペースに仕事している(フリーランスで仕事してるので)くらいなら、仕事は後回しにして、母親としては、行かないと悪いよな…建前上・・・なんて思ってしまうのだ。

 

だから、捻挫した時に、これは良い口実だ、とほっとしたところもあった。

わたし:付き添いで公園まで来る予定?うちの子は、行きは一人で行かせるけれど、4時ころお迎えついでに、私も久しぶりに顔見たいし、合流したかったんだけどね・・・あいにく足をひねって痛めてしまって自転車に乗れそうにないの・・・泣」

と、LINEした。

彼女:少し公園が自宅から距離があるから、行きに送って行って、いったん家に戻って、またお迎えに行くつもりだよ、と。足、大丈夫?安静にしてね。

 

なんていうやり取りをして。さすがに、2時間みっちり付き添いはしないのね、よかったよかった・・・なんて思っていたら、「帰りに娘ちゃんにお土産を持たせたから楽しみにしててね」とLINE。

 

娘が家に帰ってきて、「はい、これAちゃんのママからママにだって」と受け取ると、

そこにはホカホカの豚バラ大根煮がタッパーに入っていた。

 

なんと・・・!彼女は、カリスマ主婦と私が称するほどの方なので、そんなカリスマ主婦が、夕飯の一品にしてね、なんて作ってくれたのだ。

キャサリン感動…

つまり。彼女は私が足を捻挫したことを聞いて、公園に送っていったあと、いったん家に戻り夕飯の支度をして、その際に一緒に足を痛めた私が台所に立つのはしんどいだろう、と気遣って我が家の分まで作ってくれた、ということなのだ。

 

それなのに、私ときたら。なんてひどい女なのだろう…

 

思わぬ友人のやさしさに触れました。

 

そして、自分に反省・・・

 

はじめまして。挨拶とブログの失敗談から。

Thank you for visiting my blog, I'm Katharine Ashida.

はじめまして、芦田キャサリンです。

 

初ブログ投稿ということで…まだカテゴリー分けとか、うまくできておりませんが。

ひとまず、自由に書いていきたいのよ、という気持ちでいます。

自分の中の溢れそうな知的好奇心をしたためる書評、映画レビューみたいな日もあり。時事問題についての社会派ブロガーになる日もあり。

日本語と英語を混ぜながら、みたいな感じで書いていくこともあるかも。

どうなるやら!

でも文章を書くことは鍛錬でもありますので、書いていくうちに自分らしい文章になってくるもの。

”芦田キャサリンらしい”というスタイルが見えてきたらいいな、と思っています。

 

『This Is Us 36歳、これから』 っていうアメリカの大ヒットドラマ。あのサブタイトルの”36歳、これから”ってとても印象的で、確かに36歳の時のわたしも、「人生、このままじゃ終われない」みたいな時だった。主婦卒業して社会復帰したのもその時だった。大学卒業した時はフェミニストで、キャリア志向で、海外を飛び回るような仕事したいくらいだと思っていたのに。

ドラマの話に戻すが、あのドラマはシーズン2と続いていて、主人公たちは39歳でもいろいろ盛沢山な人生を歩んでいる。

わたしも39歳なので、このブログのサブタイトルは、"This Is Me  39歳、再びこれから” という意気込みもあり、ということで。

 

ブログを書くことについて。わたしは過去に痛い失敗があります。

そのエピソードを赤裸々に紹介させてもらおうかな。

思い出すだけで、気まずい・・・!

 

10年くらい前にもなるが、まだ20代後半だった私は、子育てに専念すべく専業主婦だった。でも、文章を書くのが好きで、日常の中でふと気づいたこと、感じたことをブログを書いていて、そんな私のことを知ってもらえたら、という思いで、親しくなった近所のママ友たちにも(人を選んで)ブログを紹介していたのだが、当時住んでいた5階建ての賃貸マンションの1㎞ほど先に、20階建てで800戸規模の大規模高層マンションが建設されていた。5階のベランダから、さら地だったところからその高層マンションができていくのも日々眺めていて、なんだかなぁともやもやしていた。

そして、ある日、わたしは、緑豊かな近所の遊歩道の脇にある土手の上を走っていて、ちょうど西から東に向かっていたとき、その土手からの眺めはこれまで見晴らしがよくて木々と開けた空がとても素敵だったのに、その20階建ての巨大マンションが視界にどーんと入ってくるようになったことに気づいて、愕然としてしまったのだ。

あ、高層マンションを建設すると、これまでの景観が変わってしまうんだ。これまでの景色を知らなかった人たちにとっては気づかないだろうけれど、なんとも思わないだろうけど。そんな主観的な不満を当時のブログに綴って最後に、「わたしはそのマンションに住む人とは友達にはならないだろう」と書いたのだ。

そうしたら、数日後、当時うちの息子は2歳くらいだったかな、同じ年の子がいるママ友のおうちに遊びに行かせてもらってお茶をしてたら、そのママ友が「実は、うち3月に引っ越しすることになったの」と言い出して、「そうなんだ!?どこに?」と聞くと、そのママ友は気まずそうに「近所に建設中のあのマンションなんだよね…あまりいい印象ないかもしれないけど…」と言った。

(あ・・・、しまった。あのブログ、読んでくれちゃってたな、これは。完全に。)と悟った私も、気まずく「そ、そうなんだぁ」とそれ以上話が続けられず・・・

近所のママ友がそこに引っ越すことも考えられるだろうに、その当時の私は想像力が及ばなかった。

家に帰り、とっても反省して、すぐにその記事は削除したけれど、時すでに遅し。

 

今は、当時ほどの嫌悪感はなくなり、どちらかというともうかれこれ10年も経っていることだし、町に馴染んだ感もあり、なんとも思わなくはなっている(このまどろっかしい言い回し)。それに実際、その後、そのママ友とは疎遠にはなったけれど、子供が幼稚園に行きだしたら、そこに住んでいるお友達というのが何人かできて、遊びにも行った。

 

自由に書きたいことを書きすぎると、こういう失敗をすることもあります。

気を付けようとは思うけれど、すべての人に心地よい、共感してもらえる文章を書くことは不可能でしょう。自由に書きたいことを書くって実はとても難しいんです。

私は、そういう ”はぁ!?何言ってんの!?” っていうような自分の神経に触るような文章は、時として良い刺激になって喜怒哀楽のシナプスを鍛えられる気がしていいかも、って思うこともあるけれど、そう思う人ってあまりいないか・・・苦笑

もし私が、誰かにとっての不快センサーに触れるような文章を書いていたら、たかだアラフォーのおばさんの書いているブログだと流してくれたらいいな、と思いますし、「芦田キャサリンって、毒舌だし、主観的だし、歯に衣着せぬ言い方する嫌なヤツ」って嫌われてもしょうがないかな、って思っています。

皆に好かれたい、嫌われたくない、そんな悩みからは、さすがに40歳近くなると解き放たれます。結構、精神的なコンディションがとても良いのが39歳です。

 

初ブログ投稿に2日かかってしまいました。

読み返し、誤字脱字、言い回し、失敗談にあるようなことを避けるために内容チェックするとなかなか大変な作業ですが、火曜日と金曜日に更新していきたいと思います。

 

それではまた。See you next time!