今更ながらの推し!海外ドラマ「BIG LITTLE LIES」

ニコール・キッドマンリース・ウィザースプーン、シャイリー・ウッドリー、ローラ・ダーン、ゾーイ・クレヴィッツ、そしてシーズン2では、あのメリル・ストリープ、ハリウッドの人気俳優が豪華共演し話題となったドラマ、シーズン1は全米で2017年に放映され、大ヒットとなったのですが、日本の皆さんは知っていました!?

 私はというと、昨年暮れに、アマゾンプライムを始めたのをきっかけにたまたま知ったという。実は、はじめ初回エピソード1を観終わったときは、ニコール・キッドマン演じるセレステとその夫の暴力(DV)からのアナルセックスシーンに不快になり、また、主人公マデリン(リース・ウィザースプーン)の超アメリカンな強気なぺちゃくちゃおしゃべり、そしてマデリンの娘が小学校に入学したばかりなのに、スマホで大人が聴くような音楽をサクサクイヤホンつけながら聴いて、「バービー人形は禁止なんだって。男がバービーを見てあそこが起っちゃうとかいって~」とか超ませたことを言うのでぞっとして、さらにはシャイリー・ウッドリー以外は皆小学校入学の子を持つママにしては、老けすぎではないか、ニコール・キッドマンだって美人だし、ナイスプロポーションだけど、セックスシーンをやるにはもうなんていうか、どうなのか、と。

なんて不快なドラマだろう、二度とこんな不愉快なドラマ見たくない!と思ったのですよ。

 

しかしながらですね、世間の評価がすこぶる良いので不快なのを承知で観てやるよっ、というつもりで、2話、3話と観ていくと、いつの間にかすっかりドラマの世界に夢中になり、ストーリーの展開はもちろんのこと、ニコールの抜群の演技力、繊細な家族愛の描かれ方、女性としての生き方について深く味わい深いドラマなのに、感銘すら覚えてしまい、4話でセレステが見せたキャリアを捨て家族を選んだが、弁護士としての仕事に復帰しようと最初の一歩を踏み出したとき「今までで一番生きているって実感がした」となんとなく涙するシーンに、一緒にグッときました。

 

また、7話ではマデリンが16歳の長女アビゲイルに「I'm not perfect. Just I love my family」と言って、家族を失いたくないってもがいてきたと語るシーンで、泣けてしまうという始末。

このドラマはですね、20代の方にはおそらく良さがわからないと思う、うん。

この40歳手前、子育てもして、仕事もしたいし、という今の私のような人にはぴったりのドラマ。

 

そして、ハリウッドの底力を見せつけられたわ。

 

シーズン2は、さらにすごいのよ。というその話はまた次回に続くことにいたしますね。

 

 

オープニングの音楽と映像がまた良い感じ

 


Big Little Lies: Opening Credits (HBO)

焼け木杭には火がつくらしい

仕事で初めて会う経営者の方と打合せがあった。事前にその方のことをフェイスブックで予習しておこうと思ってみてたら、どうやら同じ高校出身のようだったので、お会いした時に、話のネタにしょっぱな「わたしも〇〇高校だったんです」と言ったら、何年生まれかっていう話になり、なんと同じ学年の同級生だったことが発覚。

 

なんという偶然か・・・仕事の話の前に、高校時代の思い出話にもなって気持ちが浮足立ってしまった。

 

お互い、高校時代は残念ながら彼氏彼女ができなかった組だった…笑。学年が10クラスもあったのもあり、お互いのことを覚えていないか知らなかったのだが。

それで、わたしは「なんか、サッカー部の男の子から、あの子は地味だけど実は可愛いって評判だって言われたことがあって、実はちょっと嬉しかったな」とちょっとしたネタ話として言ったら、「いや~、ほんとこんなきれいな方が同級生だったなんて。なんで高校時代に声をかけなかったんだろう。悔しいなぁ」と返してきたので、本当はちょっと心の中で赤面してしまったが、「ありがとうございますぅ。そういうお褒めの言葉は遠慮なく言ってもらって大丈夫です。もうお互い既婚者ですし、あたし、この歳になったら、なびくこともないですから!」と言いつつ、くすぐったくてくすぐったくて。

だって、結構、彼も素敵な大人の男性になっていて、とても好印象だったので。

 

そういえば、昔、年上のママ友が「30後半になると、なんかね、同窓会でもやろうみたいな風潮が出てくるのよ、それでね、けっこう焼け木杭には火が付いちゃうって話あるんだよ。」

と言っていたなあ。

その時は、いい歳した大人が、不倫なんてみっともないわ~、ってちょっと小ばかにしてたけど。

 

正直、ときめいたわ。

 

お互い、幸せな家庭を築いていたから、この先焼け木杭には火が付く心配もないけど。

出張でしばらく会えていないトニーのことを思い出して、なんかトニーが恋しくなっちゃった。

 

そして、なんか青春感じちゃった。

 

 

主婦は(家族に)感謝はされるが(社会的には)評価されにくい。

最近、女性蔑視発言で世間がざわついておりますねぇ。「わきまえる、わきまえない女性」みたいな言葉もよく使われるようになって・・・

 

でもさ、男と女は分かり合えるのか、ワーキングママと主婦ママが理解しあえるのか、共感しあえるのか、これはさ、難しいんですよ、ということをひしひしと感じています。

 

かくいう私も、最近、おじさん世代の方にたいして悔しい思いをした出来事がいくつかありました。

 

専業主婦卒業して、社会復帰もしたけど、さらなる目標ができて、私、起業もしてみたのですよ。それでね、せっかくならビジネスを大学という場所でも学びながら並行して進めていきたい、そんな野望が生まれて、社会人大学院とやらの科目履修生の受験をしてみたわけです。

志願理由書も書いてみると感動的なストーリーになり、自分の大学卒業した後の人生を振りかえって、なんて豊かな人生経験をしてきたのだろうか、子育てに全力投球した9年間の主婦時代もほかの社会人大学院生とは違った異色のキャリアだよね、なんて自己陶酔もしつつ、倍率的にも、これまでの私の人生経験的にも、これはイケる、という自信は多少ありました。受けたい授業をたくさんある授業の中から選ぶべく、シラバスをしっかり読み込み、この授業受けたいな、こんなことも学べるのね、なんて想像を膨らませてわくわくしてたのに・・・

 

薄っぺらい不合格通知が届いた・・・ちーん。

 

2人の男性教官の面接試験を思い出してみると、手ごたえがあったように感じていたけど、結局、本当のところは、ここはバリバリキャリア積んできた人が専門的に学ぶ場所、あなたのような専業主婦だった人は同じフィールドには立てませんよ、出直してきてね、ということなのかも、と解釈して、悔しくなってきた。

 

それで、その数日後には以前仕事していた時にお世話になっていた元上司(60手前のおじさん)とお会いしたら、起業の話なんかを激励してくれたんだけど、悪気なく私に向かって「これからは起業した社長でもあるんだから(社長ではないけど)、化粧はもっとしたほうがいいよ。あのね、なんていうか、君はナチュラルメイクだから、それだと主婦の片手間でやってるの?とか主婦の延長線上に見られちゃうからね」言ってきたんです。

 

その時は、「そうね」なんて思ったけど、なんか、あの発言、ちょっと不愉快だと後からモヤモヤ。思うと、森さんの発言同様、女性がいる会議は話が長い、みたいなことも、ほかの人が発言してたらそんなにみんなの逆鱗には触れなかっただろうけど、あの人が言ったからというような”誰に言われるか”って大きいよな、と思ったわけ。

うちの姉に、「あんたは仕事なんだから、もっと化粧しなよ。そうじゃなきゃ、主婦の延長線上ってなめられるよ」って言われても不快ではないと思うし。

誰に言われるかで、とらえ方がだいぶ違うのかも、と思ったわけです。

 

「主婦」という位置づけ、経験について改めて思いましたよ、

家族は、夫も子供たちも、家のことをしている私にものすごく感謝してくれているけれど、社会的には、主婦って評価されないんだな、と。

だって、経歴書には、どんなにうちの子が、心優しくて、好奇心にあふれた素晴らしい子に育っていても、実績として書き表すことはできないんだから。

 

これは、主婦経験のある同じ境遇の女性じゃないとわからないと思う。

そんなもんですよね。

こういう発言も、ジェンダーバイアスだのレッテル張りだのって批判されるかな?

あくまで、主観の話ですから、自由に書かせてくださいよ。悔しかったっていう正直な体験談なわけだから。

 

 

ひどい鼻炎が治ったのです

今週のお題「花粉」

最近、花粉多くなりましたよね・・・カラッと晴れて風が強い日なんか、目がかゆくなります。鼻もムズムズ・・・

しかし、わたくし、少々の花粉症はありますが、まったく日常生活困っていないんです。

思い起こせば、私はひどいアレルギー性鼻炎だったので、中学、高校、大学と耳鼻科にはよく通っていました。大人になってからだと、2月の花粉や気温差が出てくる季節に、夜も熟睡できないほどティッシュペーパーが手放せない。それで、10年ほど前には、レーザー治療といって粘膜を焼灼までして対策をとっていたほど。一年の半分ほどは鼻の調子が悪かったと記憶しているのですが、その頃、近所のママさんが「あたし、ひどい鼻炎だったのが、ある時治っちゃったんだ」と言い出したので、びっくりしたわけですよ。

「治ったってどういうこと!?」って質問攻めしたのですが、その時は、夢のような話で、実際には治るなんてあるわけがない、と信じがたいままだったのですが・・・

 

娘を出産した後、どうやら一緒にデトックスしたのか、なんか、鼻炎が治っちゃたんですよ、このわたしも。

鼻が詰まることがほどんとなく、夜も快適に眠れる(ここ1週間ほどは週に1回くらいちょっと夜中に鼻をかんでいますが、すぐに落ち着きます)。

 

その話をうちの子にすると、「ママ、よかったじゃん!あたしを産んだら鼻が悪かったのが治っちゃったなんて、最高だね!」と自分が生まれてきたことで、ママをハッピーにできた、という誇らしい気持ちになるようで、「そうなの!快適よ~ありがとね!」感謝の意を表しております。

 

まぁ、とはいっても、いつ再発するかもわからないし、免疫力は常に高めておきたいもの。私の場合、ヨーグルトを積極的に食べると、緩和されている気がするので、最近はコロナの感染予防(というか、免疫力維持のため)の願懸けみたいなことも含め、明治のR1を配達してもらって飲んでいます。これは効くと思いますよ~!信じているから!

 

So Cool 般若心経!!

以前から、仏教について学んでみたいと思っていた。

結婚する前は、法事でお経を聞くと確か「般若波羅蜜多~」という般若心経だったが、宗派についてはよくわからない(父と母があーだこーだ説明するので覚えられないまま今に至る)

そして、結婚してから夫の祖母が亡くなった時、何かの法事のときに効くお経が、「南無阿弥陀仏」と言っているのを聞いて、”あれ、違うお経だ”ということに気づいた。

 

「結婚すると夫側の実家の宗派になるからねぇ」なんていう話を聞くけれど、わたしゃ嫁には行ったけど、夫の実家の宗派に入ったつもりはないわけです。選択制夫婦別姓もそうだけど、宗派とかも変な風習だと思う。

 

夫のトニーも私もそんなに敬虔な仏教徒ではない、トニーなんぞほぼ無宗教

でも、私は思う。人はいつか必ず死ぬ、その時お葬式をすればお経があげられる。その時に、はい、この方はご結婚したおうちが〇〇宗だから、このお経ね、って勝手に決められるのは嫌。もちろん、わたしはクリスチャンではないから、キリスト教的なお葬式も御免こうむりたい。でも、危篤のときは、カッチーニアヴェ・マリアを聴きながら、人生の走馬灯をよぎらせたいとも思ってこれはちゃんと家族にも言っておかなきゃ、とは思っている。それはそうと、だからわたしは、自分のお気に入りのお経というのを見つけたいと思って、そこから仏教に関心を持つようになった。

 

それで、そんな死ぬとき、なんていう話はしていないけど、父が何かと博学なので、さりげなく「仏教のお経について知りたい」と言ったら、実は、父は仏教の研究をずっとしていたらしく、この本を読むといい、仏教聖典が一番わかりやすい、などなど、教えてくれ始めたのだが・・・

 

you tubeに「テクノ法要、こんなのもあるぞ、どうだ?」と教えてくれたのを観て、私はそのあまりのカッコよさに心奪われてしまった。

 


 

 

般若心経 cho ver. [テクノ法要 Remix.2019] live / 薬師寺寛邦(キッサコ) × 朝倉行宣(テクノ法要)

 

息子とそろって、この薬師寺寛邦キッサコの般若心経に夢中になっている。

アマゾンミュージックでダウンロードし、仕事中、家事中、頭がオーバーヒート気味で瞑想したいとき、聴いている。

キッサコの般若心経がすごく心地よい。

 

私のお気に入りのお経は、般若心経なんだ、それが最近わたしのひとつのchoiceになりそう。

仏教の宗派の違いについてはやっぱり学んでおきたいので、課題本としてリストアップ中。

日々学ぶ。 

 

イケてるとかイケてないとか関係なくなるのよ、30過ぎれば。

この地に暮らし始めてかれこれ10年。長らく子育てに専念すべく専業主婦してたので、毎日のように近所の公園とスーパー、幼稚園、小学校なんかが行動範囲の中心となっていたわけですが、数年前から行く先々で、よく見かけるママさんがいたのです。3人の子供を連れていて、まさに子育て真っ最中ですっていうすっぴんママさん。

それがね、なんか見たことある顔だなぁ、高校のときにすごく似ている顔の女の子がいたな、と思っていたのですよ。目鼻立ちがくっきりしていてとてもかわいくて、イケてるグループにいて、部活も運動部で、なんか青春謳歌している子だったという記憶。わたしとは同じクラスになったことがなかったから、接点はないんだけど・・・似ている顔の人ってけっこういるしな。

最初はそう思っていたのですが、スーパーで見かけるたびに、遠くから声を聞くたびに似ているなぁと気になって、でも声かけてみて人違いだったら恥ずかしい。声かけるのはやめておこう、そんな風に心の中でもじもじしていたわたし。

 

その後、その方のお子さんがうちの子と同じ小学校に入学していたらしく、PTAの集まりでたまたま同じ教室に居合わせる機会があり、初めて話をすることに。

彼女のほうは何も気づいていないのか、普通に話しかけてきてくれたので、思い切って「人違いだったら申し訳ないんですけど、もしかして、高校は埼玉の〇〇高校出身じゃないですか?」と聞いてみた。

すると、「そう!あ!やっぱり!?」と次の瞬間、ふたりで、「同級生ですよね、、あたしたち!!」と合点がいったわけです。

 

数年間気になっていたことがすっきりした!!

 

テンションが上がったわたしたち。

で、わたしは、「〇〇さんは、イケてるグループにいたからたぶん私のこと覚えていないと思うんですけど、Tちゃんとかと仲良かったって記憶に残っていて。Tちゃんって、安達祐実みたいにとっても清純派でかわいらしかったんだけど、高校1年の夏休みが明けて2学期に入って学校来たら、急にガングロギャルに変身していてあれは衝撃だったのを今でも覚えてる」と言うと、

「そうそう!Tちゃんはさ、すっごくすっごくかわいくて、学年一可愛いって私も入学した時に思っていたの。で、2学期入って急にギャルになってて、どした!!??ってびっくりしたよぉ。ギャルでもかわいかったよ、もちろん。そのあと、学校終わるとギャル仲間と遊びに行く用事で忙しくなっちゃって、疎遠になっちゃったんだよねぇ」

なんていう超懐かしい話をしていて、彼女があの頃のイケてるグループの時の高校生のままの明るい性格がそのまま残っていることに、ほぉっと感心してしまったんだけど。

 

でも、思ったわけですよ、あの頃イケてる青春謳歌グループの女の子たちがまぶしく見えて、わたしなんか、彼氏もできず(片想いばっかり・・・)体育祭、文化祭、修学旅行そんなイベントではじけることもできず、馴染めなかったこともあって、自分ってなんて地味で真面目でイケてない、そう思っていたけど、

 

そして、今回主婦ママとして再会した同級生を見て、目鼻立ちこそ変わらないけれど、

子育てしてる主婦になっちゃえばさ、同じフィールドなわけですよ。イケてるとかイケてないとか関係なくなる。な~んだ、あの頃イケてる女子高生になりたい、イケてるグループに混ざりたい、うらやましい、そんなこと思っていた自分がばかみたいに思えてきた。

 

今、高校や大学でそんなことに翻弄されている若い子たちよ、心配しなさんな。

イケてるとかイケてないがすべてだと思っているのはちっちゃな世界にいるから。

たいしたことないって胸を張って生きていきなさいね♪

 

 

 

 

自然のなかで見つけた生命力の象徴

愛犬の散歩で大きな自然公園まで歩いたら、ふと、こんな切り株を見つけた。

 

f:id:AshidaKatharine:20210219210552j:plain

 大きな大きな切り株。何かあって切られたのだと思うけれど、こんなむかーし昔から生きていた大木の歴史。どんなだっただろうって、想像する。

そして、切られちゃったけれど、また確実に生きている。

切り株の端から枝がぐーんと伸びている。

f:id:AshidaKatharine:20210219210630j:plain

 

なんていう生命力なんだろう。

 

そして、最近は、2月なのに春のような陽気の日が多い。”温暖化”というのが頭に浮かび、手放しでは喜べないけれど、空がとても広くて、青くてきれい。

 

f:id:AshidaKatharine:20210219211154j:plain

 

マスクで呼吸が浅くなっている毎日、ふとこの空を見上げて深呼吸。

 

そういえば、東日本大震災の時も、この公園に来た時だけは、ほっとできるそんな場所だった。

 

”生命力”を感じられた貴重な一日に感謝。